薄毛を防ぐ生活習慣

はげ、薄毛予防に良い食べ物はなんですか?わかめ、海藻類って効くの?


髪の毛は何からできているか知っていますか。
髪の毛は、ケラチンというたんぱく質からできています。


じゃあ、たんぱく質のものを多く摂取すれば、薄毛が治るのか!


っと思いますが、


残念ながらそう簡単なものではありません。


やはり、体が健康でないと、髪にも十分栄養がいきわたりません。
いろんな食材を取り入れた食生活が体を健康に導き、
髪にも栄養が十分いきわたるというわけです。


この際、食生活を見直して、体も髪もリフレッシュ!できたら一石二鳥ですね。


必要な栄養素


薄毛対策に有効な成分は、
主に、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛が有効です。

 たんぱく質・・・からだを作る元気の源
         ☆肉、魚(秋刀魚、あじなど、)
          大豆、大豆製品(納豆、豆腐など)、牛乳  gyuu.gif

 ビタミンE・・・血行をよくし、頭皮の血行も改善
        ☆アーモンド、うなぎ、ごまな、植物油など

 ビタミンC・・・たんぱく質に欠かせないコラーゲン生成のお手伝い
        免疫力アップ
        ☆赤ピーマン、アセロラ、海苔、レモンなど

 ビタミンA・・・皮膚や喉、鼻、消化器官などの粘膜を正常に保ってくれる
        ☆緑黄色野菜、レバー、のり、ほうれん草など

 ビタミンB6・・・肌荒れを防ぐ、美容の成分、口内炎も予防しちゃう
         ☆かつお、まぐろ、落花生など  sakana.gif

 ミネラル・・・体の成長、新陳代謝アップ
       ミネラルはそれぞれの成分が助け合って効果をだします。
       カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、マンガンなど
       ☆海藻類、大豆製品、牛乳、落花生など

 亜鉛・・・細胞分裂、たんぱく質の合成に手助けしちゃいます
     ☆かき、肉、卵、海藻類など
 

以上の栄養素をとるように心がけるようにすると、
髪も、さらに身体も、健康になりますね。


さらに、育毛サプリメントの力を借りるという方法もあります。


上の有効成分でわかるように、


わかめなどの海藻類もちゃんと髪に必要な成分として入っています。


「わかめは髪にいいから食べなさい」は間違いではありませんが、
わかめばかり食べていたら髪が増えるのか?
というわけではなく、上に書いた


栄養素をまんべんなく摂取する事によって、
効果が得られるということなのです。


和食がおすすめ


wasyoku.jpg
こうやって見ると、


日本文化の納豆や豆腐、のりがいいみたいですね。
海藻類もいいので、朝から具だくさんの味噌汁なんてどうでしょう。


また、最近では、手軽に食べられる「大豆製品」が増えてきました。


豆乳は牛乳と違ってちょっと飲みにくいなーっと、
思う方がいるかと思いますが、


意外といろいろな味コーヒーや、イチゴ、抹茶などバラエティーにとんでいて、
飲みやすいです。
どうせジュースを飲むのなら、栄養のある豆乳はどうでしょう。


デザート、おやつの代わりに栄養補給


偏り過ぎるのもよくないですが、
昔はカローメイトが栄養補助食品として店頭に並んでいましたけど、
最近では、薬局、スパーなどでもこうした「栄養補助食品」が増えてきました。


本当は、食事で栄養をしっかりと取ることが大事ですが、
忙しくてそうも言ってられない方は、
栄養補助食品として、小腹が空いたときに、


たまにはちょっと意識してデザートの代わりにお菓子の代わり
食べてみるのもいいですね。



また、ナッツ系は食べ過ぎは禁物ですが、
栄養価が高く硬くて食べごたえがあるので、
空腹時、ちょっと一服のお酒のつまみにもいいですね。


育毛サプリメント


髪の毛、頭皮の事を考えるなら、偏った食事は禁物です。


偏った食生活をしていると、血液どろどろ。。。なんて、なりかねません。


もし、補助食品として、サプリメントをとられている方は、
健康面はもちろんのこと、


育毛を働きかけるサプリメントを試すのも


オススメです。


先ほど、和食の食事をオススメしましたが、
和食の代表の大豆= イソフラボン 配合のサプリメント
もあります。


自分の生活に合わせて、食事からサプリメントからと、上手く使い分けましょう。


次の記事  抜け毛防止対策はどうしたらいいですか?>>


★関連記事
髪の毛って、どうやって生えてくるのかな?薄毛対策に必要な知識かな?
抜け毛が気になって、、、そういえば髪の毛はいつ生えて、いつ抜けているの?