髪の毛が生える仕組み

抜け毛が気になって、、、そういえば髪の毛はいつ生えて、いつ抜けているの?


kami3.jpg
毎日の髪のお手入れの、シャンプーやドライヤーをかけたり、
ヘアセット、または、洗面台の掃除など、
髪の毛の抜け毛を発見する機会がありますよね。
たまに、発見した髪を見てこんなに抜けて大丈夫かなって、
心配になる時もあります。


正常な抜け毛


正常な抜け毛、自然に抜ける抜け毛を髪の本数にすると、個人差がありますが、
だいたい一日に50本から100本の髪の毛が抜けると言われています。


と、いっても髪の毛の50本から100本って、
どのくらいの量って、分かりづらいですよね。


髪の毛の長さや、太さににもよって
抜け毛の見た目の量も違いますし。


すいません、私もちゃんと髪の毛の50本から100本って数えたことありません。
量的にはどのくらいって、気になっちゃいますよね。


いつか、髪の毛50本から100本数えたいと思います。
髪の毛の抜け毛の生え変わりの話ということで、ざっと知っておいてください。


髪の毛のサイクル


この正常な本数の抜け毛達が出るのは、
髪には成長してから、抜けるまでサイクル(周期)がある
からなんです。

あ無題.png
髪の毛には、成長してから、抜けるまでの一定のへアサイクル、周期があります。


成長期→退行期→休止期→成長期→後退期→休止期。。。。


成長期→退行期→休止期 


この3つに分けることができます。


<成長期では、新しい髪の毛をつくります。>


頭皮の中に埋もれている、髪の先端部分の毛母細胞が
どんどんと分裂し、髪の毛をつくって生きます。


この活発な毛母細胞による髪の毛の発育期間は
男性と女性では異なります。


男性が3年から5年
女性が4年から6年


と言われています。
この頭皮の中からぐんぐんと伸びた髪の成長で、
古くなった髪の毛が抜けて、
自然な抜け毛になるのです。


髪の毛が育つのって、以外に時間がかかるんですね。


今、生えている髪の毛全体の
80%から90%はこの成長期にあたるものです。


<後退期に入ると、髪の成長が弱まります。>


活発に分裂していた毛母細胞が、だんだんと活動が弱まり、
髪の成長が少なくなってしまいます。
やがて、分裂がなくなり、成長できなくなってしまいます。


この期間が2週間から3週間と言われています。
生えている髪の1%がこの状態となります。


(参考:大切な成長期に栄養を与えるおすすめ育毛剤あります。


新しい髪の毛の誕生


<休止期では、髪の成長が完全止まってしまいます。>


が、この状態で、
次に作られる新しい髪の毛の育毛準備がされているのです。

syannpu-.jpg
成長が止まっているのに、ちゃんと次の準備をしているなんて、
休止期は髪の中休みって、感じですね。


そして、新しい髪の毛が成長され、休止期にあった、髪の毛が抜け毛になるのです。
この休止期の期間が3ヶ月から4ヶ月と言われています。
そして、生えている髪の10%から20%がこの状態です。


このような、髪のサイクルから、発毛から抜け毛へと変わっていくのです。
ですから、抜け毛は自然なことなんです。
このサイクルが何らかの原因で狂ってしまうと、
大量の抜け毛、ハゲ、薄毛の原因になってしまうのです。


髪の毛のサイクルが乱れないように、やはり、頭皮の状態を常に正常にすること
が重要なポイントです。


(参考:頭皮の正常化に役立つおすすめシャンプーあります。


<<前の記事  髪の毛って、どうやって生えてくるのかな?薄毛対策に必要な知識かな?
          次の記事  >>髪って、一日どれくらい伸びるのかな。育毛剤をつけると髪の毛ははやくのびる?


★関連記事
育毛剤とマッサージで毛ははえてくる?効果はあるの?それともハゲ、薄毛の予防だけ?
最近、美容院でヘッドスパ勧められますが、ヘッドスパは薄毛対策になるのかな?