髪の毛が生える仕組み

髪の毛って、どうやって生えてくるのかな?薄毛対策に必要な知識かな?


髪の毛を洗ったとき、乾かした時、洗面台の下を掃除した時など、
髪の抜け毛って気になりますよね。


こんなにも抜けている、こんなに抜けたら、はげちゃうし、抜けっぱなしで、
果たして新しい髪の毛はちゃんと成長しているのかと、気になっちゃいますよね。


髪の毛はどうやって生えてくるのでしょうか。


髪の毛は死んだ細胞!?

kami6.jpg
まず、髪の毛は何の一部か知っていますか。


実は髪の毛は皮膚の一部なんです。


皮膚の一部といっても、皮膚なら、触っても感覚がありますよね。
痛いとか気持ちいいとか。


もし、この感覚が髪の毛にあったら、髪の毛を切ったり、パーマや毛染め、
整髪料をつけるた度に
きっと痛くてたまりません。


髪の毛を触られる度に、気持ちよかったり、不快感を感じたり。
髪の毛を縛るのもできないですよね。



こうした感覚がないのは、
髪の毛の細胞が、既に死んでしまった細胞からできている
からです。


死んだ細胞からできているなんて、なんだか不思議ですね。


そして、


細胞が死んでいて、感覚がないから、髪の毛が細くなったり、
弱くなったり、傷んだりしても、
実際に髪の毛の状態を発見するまでわかりません。



髪はどうやって栄養を吸収しているのか?


じゃあ、本題の髪の毛の生えているしくみは、というと。。。

moukonn.png
髪の毛を抜いてみると、わかるのですが、髪の毛の先端が丸くなっています。


「髪の毛の先端部分、丸くなっているところが、頭皮に埋まっていいる部分、
髪の毛の毛根」
と言います。


そして、いつも私達が気にしている髪の毛、表に出でいる、
「頭皮から生えている部分を 毛幹」
と言います。


大きく分けて、髪の毛はこの2つに分けることができます。


髪の毛の根っこの部分は。。。


もうきゅう.png
頭皮に埋まっている部分、
「毛根のぷくんと丸いこの先端部分は、 
毛球
と呼び、


この毛球の中でいろいろな役目にわかれた細胞たちが、
髪の毛の成長に重要な働きをしているのです。


毛球の丸く膨らんだ部分には、毛母細胞という
細胞がびっしり詰まっています。


また、毛母細胞がぎっしり詰まった
毛球の先端部分には、毛乳頭と呼ばれる細胞があります。


この、毛乳頭が栄養の運び屋さんなんです。


毛乳頭は毛根周りにある、毛細血管から、
必要な栄養を取り入れているのです。


毛乳頭が取り入れた栄養は
毛母細胞の元気の源となって、
毛母細胞が活発になり分裂が起きるのです。


そして、どんどん分裂を起す時と、この細胞が角化します。


角化したものが、髪の毛となって、
頭皮からぐんぐんと伸びて行っているのです。



髪の毛には栄養が必要


この髪の毛の生えてくる仕組みがわかると、


いかに頭皮の状態が正常であるかが重要だとわかります。


(参考記事:男性向け育毛シャンプーの選び方女性向け育毛シャンプーの選び方


また、毛根の内部が頑張って栄養素を取り入れているわけですから、
この栄養素が足りないと、髪の毛が育たないことがよくわかります。


(参考記事:育毛サプリメント


いくら、髪の毛に栄養を与えても、頭皮に栄養がなければ意味が無いのです。


髪の育成は頭皮の育成、髪の毛の健康は身体に必要な栄養素を取り入れることから、


始まるのです。


また、頭皮、髪の毛に負担がかからない髪のお手入れも大事ですね。


次の記事  >>抜け毛が気になって、、、そういえば髪の毛はいつ生えて、いつ抜けているの?


★関連記事
はげ、薄毛予防に良い食べ物はなんですか?わかめ、海藻類って効くの?
抜け毛防止対策はどうしたらいいですか?
ストレスは、はげ、薄毛に影響する?