育毛剤の副作用

プロペシアという育毛剤は安全?昔からあったものなんですか?


プロペシアとは。。。
プロペシアの主成分にはフェナリドがあります。
このフェナリドは、もとは前立腺肥大症の治療薬として使われていました。


これを服用したことにより、、脱毛に効果があることがわかり、
男性型脱毛症(AGA)の治療薬として開発されたお薬なんです。


そして1997年、フィナステリドはFDA(アメリカ食品医薬品局)によって
AGA治療薬
として認められました。


日本では2005年に厚生労働省に認可され、プロペシアと言う名前で
発売となりました。
また、世界60カ国以上で、使用されているお薬なんです。


主な副作用


中でも、おもなものは 性機能関連の症状です。
性欲の減退、勃起不全、精子の減少(射精量の減少)の順に
症状
をうったえる人が多いそうです。

isya5.jpgのサムネイル画像

 頭痛、腹痛、消化不良、発疹
 動悸・息切れ
 頭皮のかゆみ
 肝機能低下
 

などもあげられます。


このような副作用があげられますが、やはり副作用のでかたは人それぞれ違いますし、
全く出ない方もいます。
ですから、必ずしも副作用が出るとは一概にも言えないのです。


プロペシアは医薬品です。もし、使用されるなら自分の身体、かかりつけの医師と相談
しての使用方法がいいのではないでしょうか。


<<前の記事  ミノキシルタブレットについて、副作用は多くの方にあるのでしょうか?  
        次の記事  >>育毛剤の成分として入っているエタノール、これってよくないの?


★関連記事
薄毛の原因はなんでしょう?
男性ホルモンが多いと薄毛の原因になりますか?
壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)